微生物資材 減農薬 減化学肥料の東京グリーン

お客様の声

パプリカ

熊本県宇城市三角町 パプリカ3反 中尾様
定植5日前より有機酸酵素EXを500倍で株元に1回散布。

お客様の声
有機酸酵素EXを初めて苗に散布した。こんなに大きく、しっかりとした根が張ったのは今までなかった。今後も定期的に使用する。

有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

いちご

熊本県玉名市伊倉町 いちご『ひのしずく』 2.5反 成田様
旧暦月齢肥培管理を基に、苗づくりより、上弦、下弦時に有機酸酵素EXを500倍で散布。新月、満月時に有機酸CalEXを500倍で葉面散布。

お客様の声
今年は猛暑で管理が難しかったが、有機酸CalEXを散布したおかげで葉も厚くなった。有機酸酵素EXをたっぷりと株元にかけたので根の張りも良く、病気もなかった。これだけ根が張っていれば定植も楽にできるだろう。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

いちご

長崎県島原市国見町 いちご『ゆめのか』 I 様
育苗時、有機酸酵素EX500倍を週に一回散布し、有機酸CalEX500倍を2週に一回は散布する。

お客様の声
病気に強くなり、タンソやリンパンといった病気がほとんど出ていない。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

いちご

熊本県宇城市三角町 いちご『さがほのか』 3反 元松様
旧暦月齢肥培管理を基に、育苗から上弦、下弦時に有機酸酵素EX、アミノ酸666を各反当り2ℓ混合して灌水。新月、満月時に有機酸CalEX500倍を葉面散布。

お客様の声
今年は成り疲れすることもなく、6月後半まで実の付きもよく収穫することができた。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

いちご

熊本県和水町 いちご(新品種 : ゆうべに) 3反 吉永苺園様 当社資材使用歴3年目
初年度は反当り20袋を使用しEXなどの液肥は天敵を入れているため、使用せず。
使用資材:今年より、反当り太陽の土(P)8袋、ミネラル富士2袋にて熊本新品種の「ゆうべに」を全面栽培

お客様の声
平成28年11月30日、現在で出荷パック数2000パック超えで、特に「ゆうべに」には、太陽の土(P)、ミネラル富士との混合が相性良く、病気もない。今は、一粒40gから50g以上の大粒を収穫中です。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

アスパラ

熊本県八代市 大住さん 2反 
太陽の土使用区(左)未使用区(右) 撮影日:平成30年2月25日
1月25日太陽の土ペレット反当り20袋施肥、2月14日の新月前から有機酸酵素EX2ℓ灌水使用(全区域)

有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例
2月中旬に有機酸酵素EXを反当り2ℓ灌水(月齢肥培管理のもと新月前、満月前の毎月2回使用)。
2月末~4月10日まで、春芽収穫。
過去の平均収量(反当り)830kgに対して、本年は1250kgであった。
立茎にも有機酸酵素EXを使用、5月現在の夏芽を他の農家さんよりも約倍量出荷中(日量13kg→25kg)です。立茎後、樹勢管理に有機酸CalEXを葉面散布(反当り500ml投入)使用中。

アスパラ

有機酸酵素グリーンフードEX 使用例
JA鹿本 菊鹿の匿名さん
2月始め、太陽の土ペレットを反当り20袋使用、有機酸酵素EXの反当り2ℓ灌水を3月始めから開始(月齢肥培管理のもと新月前、満月前の毎月2回使用)。
3月~4月初旬まで春芽の収穫。
春芽収量の過去平均反当り780kgに対して今年は980kgであった。太陽の土を使用して冬場の地温が上がり、春芽の生育も良かった。
立茎開始から太陽の土ペレットを反当り10袋追肥使用して、立茎がスムーズで夏芽も早かった。
太陽の土と有機酸酵素EXを使用して、根張りが良くなり、透水性、通気性も向上している。土壌環境が改善されて、肥培管理がしやすくなった。
(平成30年5月10日撮影)

アスパラ

熊本県柳川市 アスパラ 2.5反 Oさん
太陽の土を反当り20袋使用。旧暦月齢肥培管理の基、有機酸酵素EXを月2回反当り2ℓ灌水で使用。

お客様の声
今年から太陽の土を使用し、土がフカフカしてきた。通路を少し掘っただけでミミズがたくさん出た。
今年は春芽が部会全体の平均収量が前年の50%程しか獲れていなかったが、Oさんは悪いなりに前年の75%以上獲れていた。
最終的な反収では3t800kgはあり、総収量では部会で1番!
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

アスパラ

熊本県柳川市 アスパラ 2.5反 沖様
旧暦月齢肥培管理を基に、H28年5月より有機酸酵素EX使用。毎月灌水のタイミングで有機酸酵素EXを反当り2ℓを月2回散布。新月、満月3日前のタイミングで有機酸酵素EX500倍希釈液と殺菌殺虫剤を混合散布。農薬は規定量より薄く使用。

お客様の声
昨年は、ダニやヨトウムシが多く、反収も3.3トンだったのが、今年は4トンは超え、虫も例年に比べるとかなり少ない。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

アスパラ

佐賀県武雄市 アスパラ 3反 N 様
太陽の土(P)8畝当り8袋使用、有機酸酵素EX500倍で葉面散布。

お客様の声
年間を通じて特に元肥、追肥共に入っている棟の収量は良く、秀品率も昨年に比べて高かった。太陽の土を入れた事により、透水性が上がったため、通路の水捌けが良くなり、作業効率も向上した。有機酸酵素EXを使用しコケが減少した。
スーパーグリーンフード

トマト

熊本県宇城市 ミニトマト 3反 川上様
太陽の土(P)反当り20袋、有機酸酵素EX・アミノ酸666・有機酸CalEX・ミネラルK-1使用。旧暦月齢肥培管理を基に新月、満月時に有機酸CalEX500倍、ミネラルK-1・1000倍を月2回葉面散布。上弦、下弦時に有機酸酵素EX、アミノ酸666を反当り2ℓを月2回の灌水。

お客様の声
有機酸CalEXの効果で、ほとんど実の割れも無く収穫でき、秀品率も向上した。また、太陽の土を施肥したことで追肥の量も少なくすることができた。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

メロン

熊本市北区 アールスメロン 3反 野口様
太陽の土(P)反当り20袋、定植時から、有機酸酵素EX、アミノ酸666、有機酸CalEX、ミネラルK-1を交互散布にて使用。

お客様の声
旧暦月齢肥培管理を基に有機酸酵素EX、アミノ酸666を混合し、上弦・下弦時に灌水で反当り2ℓ使用。有機酸CalEX、ミネラルK-1を混合し新月、満月時に葉面散布500倍で使用。樹自体に勢いが付き、ネットも細かく盛り上がりも良くなった。
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

マンゴー

宮崎県宮崎市新別府町 マンゴー 仁田脇様
(生産現場、記者体験記にて、新聞に掲載された)

旧暦月齢肥培管理を基に、太陽の土(P)反当り10袋入れた後、カルペレ反当り2袋使用し、有機酸酵素EX反当り2ℓ・アミノ酸液肥333を反当り2ℓを混合し灌水で使用、有機酸CalEX500倍を葉面散布。

お客様の声
太陽の土を使い始めてから、土がフカフカになり、全体的に土が変わった。有機酸酵素EXと有機酸CalEXを旧暦月齢肥培管理を基に交互散布することで実も大きくなり食味も良くなった。

有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

キュウリ

佐賀県川副町 キュウリ 2.5反 竹下様
太陽の土(P)を定植時、反当り20袋施肥。旧暦月齢肥培管理を基に新月、満月時に有機酸CalEX500倍を月2回葉面散布。上弦、下弦時に有機酸酵素EX、アミノ酸666を混合し反当り2ℓを月2回の灌水。

お客様の声
東京グリーンの資材を使用するようになってから、秀品率が87%、収量が5.8tで前作より120%アップした。又、驚いたことに作が終わった後でも根が大きくシッカリと張り、ここまで元気が良くイキイキとした根は今まで見たことがない。

スーパーグリーンフード
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

ネ ギ

上益城郡益城町 ネギ3町 北野洋一様
太陽の土(P) 有機酸酵素EX・アミノ酸666 葉面散布にて使用

お客様の声
東京グリーンの資材を使用して4年、元肥で太陽の土、有機酸酵素EX・アミノ酸666を主に葉面散布で500倍で使用。今年は天候が悪く、全体的に悪い中、その中ではいい方に仕上がっていて、満足している。

スーパーグリーンフード
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

ニ ラ

熊本県益城町 ニラ 高木様
太陽の土(P)太陽の土(粉)を使用

お客様の声
太陽の土を使用して、白絹菌や病害虫の抑制になった。そして、生育も良くなり、品質も向上し、部会でも太陽の土を推薦している。
スーパーグリーンフード
有機酸酵素グリーンフードEX 使用例 有機酸酵素グリーンフードEX 使用例

玉ねぎ

JA佐賀白石地区ベト病対策のサンプル試験 ~東京グリーンが実施~

佐賀県白石町 玉ねぎ 丸尾様
サンプル使用資材(1反でサンプル試験):太陽の土(P) 20袋 有機酸酵素EX 10ℓ 有機酸CalEX 5ℓ

お客様の声
太陽の土(P)を一反当り20袋を元肥で使用。9月初めに太陽の土を圃場に投入、一ヶ月間菌の繁殖を待ち定植する。収穫前の二ヶ月間に旧暦月齢肥培管理のタイミングに合わせて、有機酸酵素EXを反当り2ℓ灌水、有機酸CalEXを葉面散布で500倍で散布する。
スーパーグリーンフード
菌が増殖し活性化しているため、色が濃く、土の状態も使用区と未使用区では、明らかに違いが分かり、生育状態にも違いが出ている。

飛鳥カントリー倶楽部

飛鳥カンツリー倶楽部様 TEE回復経過
・2012年5月~8月のTEE回復の様子

右の画像をクリックするとWebでご覧いただけます。→
PDFはこちら→

八代ゴルフ倶楽部

事例研究・八代ゴルフ倶楽部
・2009年秋から発生したラージ
・2010年夏の歴史的な猛暑
・完全回復までの様子(写真)

右の画像をクリックするとWebでご覧いただけます。→
PDFはこちら→

PAGE TOP

当ホームページに掲載されている記事、写真などすべてのコンテンツの無断転載を禁じます。